2011-06-28

ガボン旅行記

 6/13より6/20までの一週間中央アフリカのガボンへと物見して来ました。 して来ました、というのはコトヌーに戻って来ました、ということで、 この町に着てから一年近く経つ今、わが住まいに帰ってきて安心する気持ちです。

コトヌーから離陸して海をひょいと渡ればガボンの首都Libreville(リーブルビル)に到着。
一時間半の空旅。
リーブルビルは海に面する街。

ガボン産のビール。Régab

 リーブルビルは海辺へのアクセスが非常に良いところ。 海岸から陸側に勾配のある地形なので、ある程度街中に入っても海が建物の隙間から見えるし、 海岸沿いに主要な幹線道路が走って、もうきっとここに海亀は来ないだろうけど、街の人にとっては海に近づきやすい。

 一般に観光客にとってのガボンの主たる魅力というのは、大自然。森林と野生動物。野生動物に関しては、ゴリラやゾウ、チンパンジーなどが見られるということで有名だそうです。私もリーブルビルにの対岸に位置するポンガラ国立公園内のGnonie(ニョニエ)という所にて一泊二日のサファリをしてきました。どうやらなかなか野生動物に遭遇できないという評判のツアーみたいです。確かにそうでした。

でもマルミミゾウの親子には出会えました。もちろんカメラはズームができたり写真は引き伸ばせるものですが、肉眼で見える現実はこんなところでした。

つづく

3 comment:

Tomizawa said...

アフリカは面白そうな動物がいっぱいでいいですね。フランス語のほうはどうですか?僕のほうは英語はまだてんでだめです。聞き返すのも申し訳ないのでわかったふりしてやり過ごしていることが多いです。

bebe said...

どんどん聞いたほうがいいよ。人を分散させれば、相手の負担にもならないし。

Tomizawa said...

わかりましたー。それにしても写真にある海の景色はいいですね。なんだか遠い向こう側の世界を彷彿とさせるようでいて、胸の奥まで響かせられます・・・。

Post a Comment

comments

 
Blogger にログイン中です;。